サイトメニュー

病歴や就労状況で受給

女性

発病してからのサポート

うつ病は、精神科・心療内科などにて治療を受けます。障害の状態になった時にもらえる給付には、年金と一時金がありますが、これらの給付をまとめて障害給付と呼んでいます。障害年金といってしまえば、年金のみのことを指しています。また、うつ病になりたい、自ら故意に傷つけて障害者となった場合には全く支給されません。もらい続けるにも現況届けを提出したり、うつ病は程度によってよくも悪くもなることがあります。程度に変更があった場合には、手続きをしなければなりません。これまでは、基礎年金と厚生年金の各部分は同一の支給事由の時だけにもらえました。ただし、障害を持ちながら働いたことが評価される仕組みが設けられて、障害年金と老齢生年金、または、遺族厚生年金の組み合わせについて併給することが可能になっています。ちなみに、審査で適切な認定を受けるには、障害状態がきちんと伝わる書類の提出が必要です。うつ病の場合には、日常生活や就労の場面で、どのような困難があり、どのような援助を必要としているのか、精神科医などに把握してもらった上で、診断書に反映されることがポイントです。日頃の診察の中で、円滑化したコミュニケーションが図れていることも必要といえます。
障害等級の認定において、就労の影響を受けやすい精神疾患と内科的疾患は、障害年金の受給により臨機応変に対応しなければならない場面も、少なからずあるようです。それは、少しでも働くと支給停止になってしまうなどの制度のあり方も問題視されています。理解していることですが、働くことで受給されなくなるのです。働く意欲をなくす、こうしたぬるま湯に浸かっていたい欲が出てしまう可能性を秘めているのも実情です。しかし、働けるということは障害状態が重くないとも考えられますから、よい方向に回復している証拠です。それでも、うつ病により受給中の方からは、「働くと障害年金は止まりますか」という相談も少なくありません。受給されているのが、基礎年金なのか厚生年金なのか、どのような経過で、主治医は働くことをどう解釈しているのか、状況は個々に異なります。少なくとも、支給停止されることはありませんが、安定的に働けなければ、支給停止になるかもしれません。ここがデメリットになり得る要素ではないでしょうか。うつ病という病状で安定的に働けるのかどうか、これは未知数の段階です。支給停止になってしまえば、社会復帰も遠退く可能性も無きにしも非ずですから、短時間からスタートしましょう。

Copyright© 2019 手続きの注意ポイントと請求しても受給が不成立に終わったパターン All Rights Reserved.