サイトメニュー

手当を申請する時は

医者

ケースごとの請求法

うつ病にかかった人は、障害年金の受給ができます。ただ、受給するためには条件を満たすことの証明が必要で、それができるように準備を整えなければなりません。とくに手当を遡及請求する場合は、次の3つのポイントを押さえておかなければ通ることは難しいでしょう。1つ目は、初診日が特定できていることです。初診日が障害認定日の基準になるので、これがはっきりしていないと手当の計算ができなくなります。2つ目は、障害認定日の時点で受給条件を満たしていることです。障害認定日は初診日の1年6ヵ月後になっており、この時に保険加入や症状深度などを満たしていなければ遡及請求はできません。診断書の日付が重要で、診断日が障害認定日より前すぎると「認定日の症状が特定できない」とされ、遡及請求を断られることがあります。そして、3つ目が認定日頃の診断書があることです。前述にもあるように、適切な日付の診断書が必要になります。「障害認定日から3ヵ月以内の診断書」と「請求日から3ヵ月以内の診断書」の2枚を用意しましょう。うつ病では障害年金を視野に入れるなら、病院でもらう書類はチェックしておきましょう。
うつ病で障害年金をもらう時は、社労士に申請を代行してもらうことができます。失敗の可能性や更新などの手間が少ないといったメリットがあり、複雑な手続きは避けたいという人は社労士を頼ることがあるかもしれません。代行依頼の時のポイントを押さえておけば、スムーズに依頼ができるでしょう。最初は相談時間を確認しましょう。社労士事務所の多くは、基本的に平日しか連絡を受け付けていません。平日は忙しくて時間が取れない場合は、休日も連絡ができる事務所を探す必要があります。そのほか、事務所の体制など内部事情の把握も重要なポイントです。例えば相談相手の社労士が専門資格所有者かそうでないかでは、信用などが大きく違ってくるでしょう。外出することが多く連絡への対応が遅いなどであれば、トラブルになる可能性もあります。やり取りが滞ることなくできる事務所が相談しやすいでしょう。うつ病の障害年金の申請を社労士に依頼する場合、成否は社労士の選び方によります。相談連絡を入れる前にどの事務所がいいかを見極めておきましょう。

Copyright© 2019 手続きの注意ポイントと請求しても受給が不成立に終わったパターン All Rights Reserved.